マキベリーの効能について。ブルーライトから目を守る脅威の効果とは?

マキベリー 目の悩み

スマホの使い過ぎで目が痛くなった。
毎日仕事でパソコンを使っているので、夕方になると目の奥が痛くなる。
スマホやパソコンのせいか、目が乾きやすくなった。

こうした症状を感じている人は、モニターが発するブルーライトによって、目に相当なダメージを負っている可能性があります。

スポンサーリンク

ブルーライトは目に相当なダメージを与える

ブルーライトというのは、テレビやLED照明、スマホ、パソコンなどの画面から発している光のことです。

その特徴は、目の網膜まで届くエネルギーの強い光。
実はブルーライトは、すべての光の中で、紫外線の次に強力なエネルギーを持ち、目が乾くドライアイが進行したり、近視がひどくなったりします。

網膜や角膜にダメージを与えるので、目の裏がズキズキとしたり、肩こりや首のコリの原因にもなります。

このように、ブルーライトは目へ深刻なダメージを与えるのです。

ブルーライトから目を守る、ポリフェノールの力

ブルーライトの目へのダメージを軽減してくれるのが、ポリフェノールです。
ポリフェノールは、抗酸化作用を持っていて、目へのダメージを軽減してくれます。

よく、「ブルーベリーが目に良い」と言われますよね?
これは、ブーベリーに豊富なポリフェノールが含まれているからなんです。
正確には、ポリフェノールの一種のアントシアニンが、目に良いのです。

ただ、ポリフェノールは体が自然に作ることはできません。
だから、食事やサプリメントで補う必要があります。

だから、ブルーベリーや、アサイーベリーの入ったサプリメントが、目の疲れに効くと人気なんですね。

ポリフェノールがブルーベリーの14倍!驚異のスーパーフルーツが、マキベリー

ブルーベリーやアサイーベリーが目の疲れに良いとされていますが、実はもっとすごい効能を持っているものがあります。

それが、マキベリーです。
今大注目の、奇跡のスーパーフルーツと呼ばれて、海外セレブも注目しているのです。

このマキベリー、チリのパタゴニアと、アルゼンチンのわずかな地域だけで自生しているもので、栽培も難しく、非常に貴重なフルーツです。

マキベリーの凄さは、ポリフェノールの含有量が、なんとブルーベリーの14倍!
アサイーベリーの5.4倍もあります。

さらに抗酸化力で言えば、ブルーベリーの約6倍。
マキベリーは、ポリフェノールの量と抗酸化力が、あらゆる果物の中でダントツなんですね。

だから、ブルーライトから受けるダメージを大幅に下げることができるのです。

ブルーライトは、毎日スマホやパソコンを使う生活では、避けることは不可能です。
だから、そのブルーライトからのダメージを大幅に下げる対策が必要になります。

そのためには、マキベリーを摂取するのが効果的なのです。

マキベリーを効果的に摂取できるサプリメントってあるの?

さて、マキベリーは非常に希少なフルーツなので、一般のお店ではなかなか手に入りません。
だから、サプリメントで補うのが、おすすめの方法です。

マキベリーをたくさん含んだサプリメントとしては、「クッキリン」があります。

これは、8粒あたりのマキベリーの量が510g含んでいて、さらにルテイン、プロポリス、ビタミンCなど、目に良い成分がたっぷり入っています。

ブルーライトのせいで、目が疲れて仕方がない、近視がひどくなってきた、頭痛がするなどで悩んでいる人には、おすすめできるサプリメントです。

利用者の感想は、

数日すると、パソコンの文字や小さい文字などが見やすくなっていると実感しました。

パソコンを使って仕事をしているのですが、夕方くらいから目が辛くなくなりました。さすがポリフェノールの量がブルーベリーの14倍!

クッキリンは気軽に食べられるし、美味しいから続けられています。そのおかげか最近スッキリしてきた気がしますよ!

と、確かに効果が出ています。

とくとくコースで購入すると、約1ヶ月分が980円で試せますよ。
詳しい内容は、公式サイトをご覧ください。