風邪の時はお風呂に入ったほうが良い3つの理由とは?適切な温度ってあるの?

風邪の入浴

こんにちは、健康オヤジです。

先日うちの子供が風邪を引いてしまいました。
子供は風邪でしんどい時でも「お風呂に入りたい」派なので、いつも通りお風呂に入っていましたが、私が子供の時は「風邪をひくと、お風呂に入ってはいけない!」というのが常識でした。

風邪を引いてもお風呂に入るべきなのか?それともやっぱり入ってはダメなのか?
諸説いろいろあると思いますが、私の体験から導き出した結論は

「風邪のひき始めは、お風呂に入った方が良い!」

というものです。
その理由を今から説明します。

スポンサーリンク

風邪のひき始めは、お風呂に入った方が良い3つの理由

1.体温を上昇して、ウィルスへの抵抗力をアップできる!

お風呂で体温アップ

お風呂にゆっくり浸かると体温が上昇しますよね。風邪の時に体温が上がるのは、体内のウィルスと戦っている証拠なので、お風呂に入って体温を上げることで、より抵抗力が増すんじゃないかと思います。

入浴によって毛細血管が開き、血流が良くなることで体の免疫力・抵抗力が高まると思います。

2.喉が潤って、バリア機能がアップ!

風邪に悪いのは「乾燥」です。乾燥で喉の粘膜が乾いてしまうと、ウィルスに対するバリア機能を果たすことができません。

入浴することで、カラカラに乾いた喉の粘膜がお風呂の湯気で潤います。
鼻が詰まっている時でも、お風呂に入ると鼻づまりが解消することもありますよね。
適度な湿度は大切だと思うわけです。

3.リラックスして、サッパリする!

お風呂に浸かるのは、風邪の時でも気持ちが良いものです。
リラックスすると、副交感神経が刺激されて、血流が良くなるだけじゃなく、血液の中の白血球やリンパ球の流れが良くなるので、免疫力も高まるというわけです。


風邪の時の正しいお風呂の入り方

ここで私なりの、風邪の時のお風呂の入り方をご紹介します。
ポイントは「体を冷やさないこと」です。

お風呂に入る前に、脱衣所と浴室内を温めておく

風邪で一番怖いのが、体を冷やすことです。
お風呂は入っている時は暖かくて気持ちが良いですが、体を洗うときや脱衣所では体が冷えがちになります。
暖かい状態から、一気に体を冷やすのは、風が悪化してしまう原因にもなるので、要注意です。

脱衣所を温める

だから、お風呂の時の寒暖差をなくすのが一番大切。
お風呂に入る前に、脱衣所をストーブで温めておくのと、浴室全体に熱いシャワーをかけて温めておくと、寒暖差がなくなるのでオススメです。

最近では、浴室内に暖房がついている家もありますよね。羨ましい・・・

ぬるめのお湯にゆっくり浸かる

あまり熱いお湯に浸かると、体力を奪われてしますので、ぬるめのお湯にゆっくり浸かるようにしましょう。
「ぬるめ」と言っても、お湯の温度をどう感じるかは個人差がありますが、

私の場合は、お風呂の適切な温度は40度です。

ぬるめのお湯

この温度のお湯にゆっくり浸かることで、じわっと体を温められるし、リラックスできます。
ゆっくりと体温を上げると、湯冷めしにくいメリットがあります。


頭は洗う?洗わない?

私は風邪の時でも頭を洗います。
その理由は「さっぱりするから」です(笑)

すみません、深い意味はなくて。でもこの「さっぱりする」というのは大切だと思いますよ。
気分が良くなるということは、免疫力アップにも繋がるんじゃないでしょうか。

ただ注意したいのは、お風呂から上がったら入念にドライヤーで乾かすことです。
私は普段は自然乾燥なんですが、風邪を引いた時だけはドライヤーを使います。

頭が濡れたままだと、そこから体温が奪われてしまいます。
頭を洗った時は、すぐにドライヤーで乾かすようにしましょう。

お風呂上がりで気をつけたいことは?

お風呂上がりで一番気をつけたいことは、「湯冷めをしない」ことです。
そのためには、お風呂上がりは暖かい部屋で過ごすことです。

一番いいのが、「お風呂から上がったら、さっさと寝る!」これに尽きます。
体が冷えないうちに暖かい布団に入って、すぐに寝ることですね。
じっとり汗をかくくらいでも大丈夫です。

私はお風呂から上がると水を飲んで(喉の乾燥対策)、すぐに寝ます。

どうして昔の人は風邪をひくとお風呂に入らなかったの?

さて、ここまで風邪の時の入浴方法や注意点をご紹介してきましたが、一つ疑問が。

「なぜ昔の人は風邪をひくとお風呂に入らなかったのか?」

ということです。
考えられる答えは一つです。それは「湯冷め」するから。

私が子供の頃(約40年前)のお風呂って、寒かったです。
というか、私の家はなぜかお風呂が家の外(離れ)にありました。
寒い冬は、お風呂に行くのに一旦家の外に出なければいけなかったので大変でした。

湯冷め

もちろん、お風呂に入ってポカポカしても、お風呂場から家までのわずかな間に体が冷えてしまいます。
昔は家の気密性もあまりなかったし、お風呂に入るとほぼ確実に湯冷めする状態だったんじゃないでしょうか。

銭湯なんかに行くと、帰り道に湯冷めしますもんね。
だから昔の人は経験的に「風邪の時はお風呂に入らない」ことを習慣にしていたのだと思います。

こんな時はお風呂はやめましょう!

さて、風邪の時はお風呂に入りましょう!ということを述べてきましたが、何事もバランスというのが大事です。
熱でフラフラして倒れそうになっているのに「いや、それでも私はお風呂に入るんだ!」というのは極端すぎます。

こんな時はやっぱり、お風呂はやめておきましょう。↓

  • 熱がひどくて倒れそう
  • 風邪のせいか、腹痛がひどい
  • 立つのも辛いくらいに風邪の症状がひどい
  • めまいがする
  • 頭痛がひどい

上記の症状になった時は、まさか「よし!お風呂に入ろう!」とは思わないはずです。
そんな時はお風呂に入らず、速攻で布団に入ることです。

風邪の時でもお風呂に入った方が良いのは、風邪のひき始めの時です。
風邪が悪化してしんどすぎる時は、お風呂はやめておきましょう。

関連コンテンツ