爪水虫を自力で治す、おすすめの方法とは?

爪水虫 健康の話題

足の爪が白く濁ってきて、ガサガサ、ボロボロになってきている。

そんな人は、爪水虫かもしれませんよ。

爪水虫は、水虫菌(白癬菌)が爪の中に入ってしまうことで起こる水虫です。

  • サラリーマンで一日中革靴を履いている人。
  • 仕事で安全靴を一日中履いている人。
  • 農家の方で、長靴を長時間履いている人。

など、足が蒸れる状態で長時間いる人がなりやすいです。

そもそも、足が蒸れると水虫になりやすいですよね。
水虫を放置していると、白癬菌が爪の中に入ってきて、爪まで水虫になってしまうので、要注意です。

スポンサーリンク

爪水虫を放っておくと、家族に迷惑をかけてしまいます。

爪水虫は、かゆくもないし、痛くもないのが特徴です。
なので、ついつい放置してしまいがちになりますが、早く治さないと大変なことになってしまいます。

というのは、爪水虫は普通の水虫よりも感染力が強いので、家族や他人に移して、迷惑をかけることになってしまうのです。

水虫の元になる白癬菌が、爪の中に入ってしまうことで、白癬菌の貯蔵庫みたいになってしまうんですね。

家族に爪水虫を移してしまうシチュエーションは、お風呂上がりのバスマットです。
バスマットはただでさえ湿気がちになって、白癬菌の温床になりやすいです。

爪水虫の白癬菌がバスマットに移ると、家族に爪水虫を移してしまいます。
大切な家族に爪水虫を移してしまう前に、治してしまいましょう。

でも・・・

爪水虫はなかなか治らない

爪水虫を治すには、皮膚科に行くか、自力で治すかの2通りがあります。

皮膚科に行くと、飲み薬を処方してくれる場合がありますが、水虫の飲み薬の場合、肝臓に負担をかけてしまいます。
もともと、肝臓が弱っている人は、注意が必要です。

また、塗り薬を処方してくれる場合もありますが、爪の上から塗るだけでは、爪の中に入った白癬菌をやっつけることは出来ません。

爪水虫がなかなか治らないと言われているのは、厚く硬い爪が塗り薬の有効成分が浸透するのを邪魔するからです。

だから、医者で爪水虫を治すのに、爪を削ったり、剥がしたりして、直接白癬菌に有効成分を効かせるようにするのです。

でも、爪を削ったりするのは怖いし、抵抗感ないですか?

自力で爪水虫を治す、オススメの方法とは?

実は、医者に行かなくても、爪を削らなくても、爪水虫を自力で治すことは出来ます。

ただし、正しい方法で塗り薬を使わないといけません。

自力で治す場合は、塗り薬を使うのが一般的ですが、爪の上から市販薬を塗るだけでは、先に述べたように、爪が邪魔をして薬が爪の奥まで届かないので、効果はありません。
有効成分が、爪に馴染みにくいのです。

そこでオススメの薬があります。
クリアネイルショットという塗り薬ですが、これを使うと、爪の奥まで有効成分が届いて、白癬菌に直接アプローチできるのです。

なぜ、この薬は爪の奥まで有効成分が浸透するかというと、爪の「親油性」を利用しているからです。
爪は、油に馴染みやすいという特性があり、それを利用しているのです。
白癬菌をやっつける有効成分をオイルで包み込み、爪の上に定着させます。

そのおかげで、有効成分が爪にじっくり馴染んで、爪の奥までじわっと浸透するのです。
入浴後に毎日塗るだけで、爪水水虫が改善されます。

1ヶ月で爪水虫が治ったという実例もあります。
自力で治したい人に、おすすめですよ。