シェイク・シャックが2016年に日本上陸!気になるメニューは?

シェイク・シャックイメージ グルメ

世界9カ国で64店舗を展開するハンバーガーの人気ブランド「Shake Shack(シェイク・シャック)」が、ついに日本に上陸します。予定では2016年に東京にオープン、2020年までに10店舗を計画しているようです。

2020年といえば、東京オリンピックですよね。世界中からたくさんの人が日本にやってくるので、このタイミングで出店を狙ったんでしょうか?ニューヨークで大人気のシェイク・シャック、今から楽しみです。

スポンサーリンク

シェイク・シャックって、どんなお店?

シェイク・シャック1号店

シェイク・シャックは、ニューヨークに本社があるファストフードのチェーン店です。2000年にマディソン・スクエア・ガーデンで始めた屋台が起源だそうです。元々は、マディソン・スクエア・ガーデンの再造成の一環としてホットドッグカートを設置したのが始まりだとか。

なので、はじめからチェーン展開を狙っていたわけでなく、ニューヨークに特化した店舗として、1つだけ出店する計画だったようです。

今や、NYベストバーガーとして大人気で、「行列のできるバーガーショップ」として、マックキラーの呼び声も高いハンバーガーショップになっています。
マクドナルドの向かいに出店したりとか、かなり自信をもっているようです。

シェイク・シャックの味の特徴は?

ファストフードというと、健康に悪い、太るというようなイメージがありますが、シェイク・シャックのハンバーガーはどんな特徴があるんでしょうか。

売りは「健康的に飼育されたアンガスビーフ100%」のお肉を使っていること。メニューを見ると「100% all-natural Angus beef」と書かれています。ホットッドッグも、100% all-natural、フライドポテトはトランス脂肪酸を使っていないなど、健康志向のバーガーです。

ところで、アンガスビーフって?
アンガスビーフ(アンガス牛)は、スコットランドのアンガス州で生まれた品種です。
牛肉の世界三大品種として人気のビーフで、柔らかい肉質とジューシーさが魅力です。外国産の牛は、霜降りがあまりないのですが、このアンガスビーフは霜降りの部分と赤身の部分が丁度いい具合にバランスがとれているので、日本人の味覚にもピッタリ合うお肉だと思います。

さて、気になるのがシェイク・シャックのメニュー

まだ日本にお目見えしていないので、どんなメニューになるかは定かではないですが、たぶんニューユークと同じメニューになるのではないかと思います。

メニューはこんな感じ↓

メニュー表
(クリックすると拡大します)

マクドナルドと違って、セットメニューはありません。すべて単品での注文です。
種類は、ハンバーガー、ホッドドッグ、フライドポテト、アイスクリーム、ジュースなどです。

気になったのが、「For Dogs」というキャチコピーのついたメニュー。犬用のものなんでしょうか?まさかね(笑)。ビスケットだと思います。アイスと一緒に食べると、すごく美味しそう。

注文を受けてから調理するということで、ヘルシー、新鮮さ、美味しさで他のバーガーショップとは一線を画しているようですね。

さて、一つ一つのメニューを見て行きましょう。

ハンバーガー
100%ナチュラルなアンガスビーフを使用。抗生物質なども入っていないとメニューにあります。

ハンバーガー

ホットドッグ
メニューを見ると、体脂肪を増やすホルモン、抗生物質、硝酸塩などが一切ない100%自然素材と書かれています。

ホットドッグ

フライドポテト
トランス脂肪酸が一切入っていない自然志向のフライドポテトです。

フライドポテト

アイスクリーム

アイスクリーム

ジュース、シェイクなど

ジュース

ビール、ワイン
これ嬉しいです!日本のハンバーガーチェーンにない魅力だと。昼下がりにゆっくりビールを飲みながら、ハンバーガーを食べるとか、すごくいいじゃないですか。

シェイク・シャックのビール

ビスケット
気になったビスケット。犬の骨の形をしてますね。

ビスケット
さて、メニューを見ていきましたが、美味しそうですね〜。
マクドナルドが今あんな状況だし、シェイク・シャックが日本にやってくると、マックはヤバいんじゃないでしょうか。

個人的には、モスバーガーと味を比べてみたいですね。
他にも日本には美味しいハンバーガー屋さんがたくさんあるので。
味覚にうるさい日本で成功するかどうか、楽しみです。

シェイク・シャックの口コミ情報

さて、最後に現地ニューヨークでシェイク・シャックを食べた人たちの感想を紹介しましょう。

ハンバーガーは見かけは思ったほど大きい感じではありません。 フレンチフライはカールしたような形で山盛り!
思い切りバーガーにかぶりつくと、しっかりしたお肉の味が。 思ったより脂っこくはなく、モスのようなつなぎのはいったハンバーグではなく、まさにお肉!って感じです。パンはふわっとして食べやすい。

ファーストフードだけど、オーガニックだからOK!ハンバーガーの大きさは小さく感じたが、ポテトと一緒に食べればちょうどよかった。ポテトをケチャップとマスタードで味付けができる。

向いにあるマクドナルドとは比にならないほど大きく、味が濃い。
でも値段はそんなに高くはなく、とても美味しい。
いつ行っても超行列なので30分ぐらいの待ち時間は覚悟しましょう。

NYに行ったら欠かせないのがココです!
しっかりとしたお肉の旨味と柔らかいパン、そしてとろーり濃厚なチーズ…外まで続く長蛇の列に負けず、連日通っても食べたいと思える、世界で一番美しいハンバーガーだと思います!

以上引用元:トリップアドバイザー

なかなかの好評ぶりですね。気になるのが東京のどこに出店するかというところ。渋谷か、赤坂か、銀座か、はたまた意表をついて墨田区や葛飾区とか。
今から楽しみです。