L-92乳酸菌で花粉症対策。アレルケアで目や鼻のかゆみを緩和できる

花粉イメージ 食事・飲み物・薬

イヤな季節が到来しようとしています。そう、花粉症の季節。
花粉症に悩む人には、本当につらい季節ですね。
日本気象協会によると、2015年のスギ・ヒノキの花粉飛来予測は西日本では例年より少ないところが多く、東日本と北日本では例年並みかやや多いという予測が出ています。

花粉のピークは3月上旬から下旬という予測が出ているので、今からしっかり対策しておくことが大切です。特に体質的に毎年花粉症に悩まされる人は、ピークになってから対策をしても遅いですから。

花粉症対策には、マスクや花粉対策メガネなどのグッズ、抗ヒスタミン薬など、色々な方法がありますが、今回ご紹介するのは「L-92乳酸菌」です。

スポンサーリンク

L-92乳酸菌って、何?

L-92乳酸菌は、牛乳などの乳製品から摂れるものではありません。
カルピス社ってありますよね。あのカルピスの。
そのカルピス社が保有しているたくさんの菌株の中から選び出された乳酸菌で、アレルギー症状を和らげてくれる効果があります。

その効果は、カルピス社が行った実証実験によると、花粉症だけじゃなくアトピーやアレルギー性鼻炎の緩和にも効果があったとのことです。

カルピス社では、「アレルケア」という名前のサプリで売られています。

L-92乳酸菌アレルケアの花粉症への効果について

L-92乳酸菌は、花粉症を一発で治す特効薬ではなく、サプリメントとして摂取します。
錠剤のサプリで、1日2粒を目安に摂取するということです。

さて、そのアレルケアは本当に花粉症に効果があるでしょうか。
そこで効果を調べるためにTwitterの声を拾ってみました。

なかなか好評のようですね。
もちろん、個人差はあると思いますが、花粉症の緩和には効果があると思います。

L-92乳酸菌アレルケアにプラスして、花粉対策マスクなどのグッズを使い、家から帰ったら玄関先で服から花粉を落としたり、手洗い、うがいなどの生活習慣をバッチリすると、今年の花粉は怖くないかも。