日本人は腎臓が弱い?その理由と腎臓をいたわる食事方法について

腎臓が弱い

日本人は、欧米人に比べて腎臓の機能が弱く、慢性腎臓病になりやすいらしいですよ。
これは日本とオーストラリアの研究チームが発表した結果らしいのですが、どうして日本人は腎臓は弱いんでしょうか?

その理由とは・・・

スポンサーリンク

日本人が腎臓が弱い理由とは?

その理由はズバリ、体格、腎臓ともに欧米人に比べて小さいためです。
単純な理由ですが、バッテリーも容量が小さいと能力が低いのと同じように、腎臓も小さいと機能が弱くなるということでしょうか。

そもそも、腎臓は血液中の老廃物や塩分をろ過して、尿として体外へ排出して、体の必要なものは再吸収するという役割を持っています。
いわば、濾過器、フィルターのような役目を持っているんですね。

研究チームの発表によると、血液中の老廃物をろ過して尿をつくる組織「ネフロン」の数は、腎臓1個あたり約100万個あるとされてきました。

でも実は、人種によって20万〜200万個と差があることがわかったそうです。
欧米人の平均は90万個です。

かたや日本人は、健康な人で平均64万個、高血圧患者は39万個、慢性腎臓病患者は27万個だったそうです。
欧米人の90万個に比べると、すごく少ないですね。


腎臓病を未然に防ぐには、これを食べよう!

さてこのように、日本人は腎臓の機能が弱いことがわかりました。
それを元から強くするのは、どうやら人種としての特性なので、無理っぽいです。

じゃあ、腎臓に良いものをできるだけ多く食べて、腎臓への負担を減らしてあげるようにしましょう。
腎臓に良い食べ物は、以下の通りです。

  • しじみ
  • イモ類
  • ごま
  • キャベツ
  • 豆類
  • スイカ
  • ほうれん草
  • 昆布
  • ひじき

これらが腎臓に良いと言われる理由は、利尿作用があるということと、カリウムを豊富に含んでいることです。
カリウムは、塩分の摂取量を抑える作用があるとされているので、腎臓に負担をかける塩分の過剰摂取を防止するのに、役立つというわけです。

とにかく、塩分の多い食事をしていると腎臓に負担がかかるので、塩分の取りすぎには十分注意しましょう。

関連コンテンツ