トランプ大統領が絶賛したマンチズバーガーシャックって、どこのお店?

マンチズバーガー シャック グルメ

トランプ大統領らしいといえば、らしいですね。
何がって、彼は外交儀礼よりも自分の好みを優先するタイプで、ステーキもウェルダンで焼いたお肉に、たっぷりのケチャップをつけて食べるのが好みのようです。

さて、そんなトランプ大統領ですが、ハンバーガーも大好物とのこと。
自家用機で移動の際にも、機内でハンバーガーは欠かせないそうです。

現在、トランプ大統領が来日中で、安倍首相とのゴルフ外交が注目されました。
その時、ランチに選ばれたのが大好物のハンバーガーです。

日本政府としては、トランプ大統領に「これは美味い!さすが日本!」と唸らせたいわけで、まさかマックのハンバーガーを出すわけにはいきません。

そこで日本政府が選びに選び抜いて決めたお店が、東京・港区にある「マンチズバーガー シャック」です。

スポンサーリンク

マンチズバーガー シャックって、どんなお店?

マンチズバーガー シャックのお店情報は以下の通りです。

住所:東京都港区芝2-26-1 i・smartビル 1F・2F
交通:JR田町駅から徒歩10分
JR浜松町駅から徒歩10分
三田線三田駅A9出口より徒歩5分
芝4丁目交差点の近く
芝公園駅から353m
営業時間:
【火~金】ランチ 11:00~15:00L.O、ディナー 17:30~21:00L.O
【土】11:00~21:00L.O
【日祝】11:00~16:00L.O
日曜営業

マンチズバーガー シャックが人気の理由

マンチズバーガー シャックの特徴は、一言で言うと「お肉へのこだわり」です。
アメリカ産の高品質のアンガスビーフを使っていて、味が濃く、肉本来の味が楽しめます。

通常、ハンバーガーのパティはひき肉を使うのが一般的ですが、マンチズバーガー シャックでは包丁で細かくカットしています。
こうすることで、ステーキに近い食感になると言うことで、食べ応え十分なハンバーガーになります。

通常、ミディアムで焼くのですが、今回はトランプ大統領の好みに合わせてウェルダンで焼いたそうです。

ちなみにトランプ大統領が食べたハンガーガーはこれ。

ハンバーガー

「コルビージャックチーズバーガー」(1,200円!)と言うもので、ごろごろの肉がたくさん入っていて、食べ応えがあって、ステーキのような食感だそうで。
噛めば噛むほど肉汁が出て、肉本来の味が楽しめるとか。

だめだ!書いていて唾が出てきました(笑)食べたい!!
東京に行った時は、絶対に食べようと思います。