自宅で内臓脂肪レベルを測定!エレコムの体組成計が登場!

エレコムの体組成計 内臓脂肪の基礎知識

メタボとか、内臓脂肪とか言うけれど、健康診断ではお腹周りをメジャーで測るだけって、なんだかよく分からないと思いませんか?

一体、自分の内臓脂肪がどのくらいあるのか?
はっきりと把握できている人は少ないと思います。

そんな人に朗報!今までは病院でしか測定できなかった内臓脂肪レベルを、自宅で簡単に測定できる体組成計が登場しました。

エレコムが、HELLOブランドから出した体組成計で「HCS-FS01」です。
発売は12月上旬で、価格は6,270円(税抜)。

スポンサーリンク

エレコムの体組成計は、どんな風に内臓脂肪レベルを測定するの?

体組成計とは、乗るだけで「体重」「体脂肪率」「筋肉量」「推定骨量」「内臓脂肪(レベル)」「基礎代謝」などの測定ができるもので、大変便利なものです。

 

関連記事:内臓脂肪レベルを知ることが、内臓脂肪を減らす第一歩

 

エレコムの体組成計は、筑波大学と共同開発したもので、内臓脂肪レベルの算出方法に、初めてMRI測定データに基づいた「体積推定方式」が採用されました。

通常は、へそ周りのCT画像1枚から面積で算出されるのですが、エレコムの体組成計では胸の下から腰上までの、お腹全体のMRI画像24枚から算出するので、内臓脂肪の立体的な測定データに基づいて内臓某レベルが分かるというわけです。

なんだか難しいですが、要は病院でMRIで測定しないと分からなかった内臓脂肪レベルが、自宅で簡単に測定できるようになったということです。

測定データは、無料の専用アプリに保存できます。

自分の内臓脂肪レベルを把握したい人、日々の健康管理に役立てたい人にはオススメの体組成計ですよ。

しかし、乗るだけで内臓脂肪レベルが正確に分かるなんて、すごい時代ですね。