ビール腹をへこます方法。ビール腹の原因と効果的な対策とは?

ビール腹イメージ 内臓脂肪の基礎知識

ぽっこりと張ったお腹。
俗に言うビール腹ですね。

中年になると、男女ともにお腹が出てきますが、特に男性の場合はお腹全体が丸く張ったような感じで、お腹が出てくる人が多いです。

お酒が好きで、よく飲む人に多い傾向なので、「ビール腹」と言われていますよね。
でも、ビール腹とは、ビールの飲み過ぎでお腹がぽっこり出ることではないのです。

まるで、ビールの樽のようにぽっこりと張ったお腹をビール腹と言うのですが、
そもそも、ビール腹の原因は、何なのでしょうか?

スポンサーリンク

ビール腹の原因は、ビールと一緒に食べるアレが原因?

ビールは、アルコールの中でも度数が低く、カロリーもそんなに高くありません。
最近では、ノンカロリーのビールも出ていますよね。

もちろん、ビールを飲みすぎると中性脂肪が増えたり、お酒に含まれる糖質が脂肪に変わってお腹が出る原因になります。

でも、一番の原因は一緒に食べるおつまみです。

ビールを飲むと、唐揚げなどの脂っこいものが欲しくなりますよね。
唐揚げとビールの組み合わせなんて、最高です。
私も大好きなんですが、ビールを飲みながら食べると、ついつい食べすぎてしまったり、長い時間飲食してしまうので、摂取カロリーが高くなるのです。

関連記事:アルコールが、内臓脂肪を増やす

ビール腹になりたくなかったら、脂っこいおつまみは食べないようにしましょう。

効果的にビール腹をへこます方法とは?

さて、ビールを飲む時のおつまみに気をつけましょうという話ですが、すでにビール腹になってしまった人は、どんなふうにすれば、お腹をへこますことが出来るんでしょうか?

そもそも、ビール腹はお腹がパンパンに張って出ている状態です。
この、お腹が張った状態というのは、内臓脂肪がたっぷりついていることが原因です。

自分のお腹をつまんでみてください。
皮下脂肪が多い人は、お腹のお肉をつまめると思います。

でも、内臓脂肪の多い人は、お腹をつまむことができません。
お腹をつまめるか、つまめないかで、内臓脂肪型肥満がどうかが判断できますので、一度やってみてください。

関連記事:皮下脂肪と内臓脂肪について

実は、内臓脂肪は皮下脂肪に比べて、落としやすい脂肪です。

ビール腹をへこますには、内臓脂肪を落としてあげることが大切。
そのためにすることは、食事の工夫と習慣的な有酸素運動です。

食生活の注意。食べ順を守ってお腹をへこまそう

ビール腹をへこますために、食事を抜こう!

というのは、間違いです。

食事を抜こことで、体は軽い飢餓状態になります。
すると、次の食事で必要以上にエネルギーを溜め込もうと、余計なカロリーを溜め込んでしまいます。

食事で気をつけるのは、毎日しっかり3食食べること。
ただし、野菜、お肉、魚など、バランスの取れた食生活を心がけるようにしましょう。

食べる時の注意は、先に野菜を食べることです。
野菜には水分や食物繊維が含まれているので、先に胃の中に入れることで、少量でも満腹感を得られます。

また、血糖値の上昇を抑えることで、脂肪の吸収も抑えられます。
このように、食事の順番を意識することで、余計なカロリー摂取を抑えられ、ダイエットに効果があります。

脂肪燃焼のためには、有酸素運動が必須です

運動嫌いな人でも、ビール腹をへこますためには運動は必須です。
有酸素運動をすることで、内臓脂肪が燃焼できますので、どうしてもビール腹をへこませたい人は、食生活の改善とともに、運動は必ずするようにしましょう。

有酸素運動といえば、ジョギングやウォーキングが定番ですが、自宅の部屋の中でも十分に出来ます。

例えば、

  • 階段を利用した踏み台昇降。
  • ボクササイズ
    (ボクシングの真似事でもOK)。3分1ラウンドで、3ラウンドすると、汗だくになりますよ。
  • 自宅の庭で縄跳び。

がおすすめです。

上記が難しい場合は、テレビでも見ながら、その場で足踏み運動をしてください。
太ももを大きく上げて、その場で足踏み運動を早いペースで3分間。これを3〜5セット。

これだけでも、結構な運動量になりますし、汗もかきます。
ポイントは、自分が無理せず毎日続けられる運動を見つけることです。

どんな運動でもいいので、毎日体を動かすことです。
ただし、運動したあとは汗をかいて、呼吸がゼイゼイと乱れるくらいでないと、脂肪は燃焼しません。

まとめ

ビール腹の原因は、カロリーの摂り過ぎで内臓脂肪が増えていることにあります。
ビール腹をへこますには、食事の工夫と有酸素運動の組み合わせが大事です。

毎日、習慣化するようにしましょう。
ただ、1ヶ月やそこらでお腹はへこみません。
長い目で見て、あせらずに半年や1年計画でお腹をへこますように頑張りましょう。

食事と運動にプラスして、脂肪燃焼を手助けしてくれる薬やサプリメントを飲むのも効果的です。
私のおすすめは、漢方薬の防風通聖散です。

防風通聖散の中でも、生漢煎「防風通聖散」は、効果効能が認められた満量処方の漢方薬です。

原生薬を最大量27.1g配合した「満量処方」の漢方薬で、脂肪を内側から分解・燃焼・排出促進により、肥満症や便秘を改善します。

こうした薬も活用することで、早くビール腹をへこますことが出来ますよ。