お腹がゆるい時の治し方。薬に頼っても大丈夫?

お腹がゆるい

お腹がゆるくなりやすくて悩んでいる人は、薬に頼っても大丈夫なんでしょうか?
結論から言えば、症状によっては、薬で治すのはOKです。
ただし、下痢の種類によっては薬に頼ってはダメな場合がありますので、注意が必要です。

スポンサーリンク

下痢止め薬を使ってはいけない場合

バイキンで下痢

急にお腹が痛くなって、おなかがゆるく(下痢)なってしまった。
こんな時はすぐに下痢止め薬で、対処したいですよね。

でも、下痢止め薬を使ってはいけないケースがあります。
それは、食中毒などの感染性下痢が疑われる場合です。

例えば食事の後に、急激な腹痛や吐き気とともにお腹がゆるくなった時。
そんな時は、有害な菌や有害物質による感染性下痢の疑いがあります。

そうした時に下痢になるのは、実は有害な菌を体外に出そうとする、正しい反応なんです。
その状態で、無理やり下痢止め薬で下痢を止めると、有害菌が腸内に残ってしまうことになるので、かえって状態が悪くなることがあります。

特に細菌やウイルスなどによる感染性の下痢かもしれないと思った時は、すぐに医者に診てもらうことが大切です。
症状としては、激しい腹痛や血便、水のような便(水様便)になった場合ですね。

こんな時は下痢止め薬を服用しても大丈夫

おかながゆるくなる症状で、以下のような原因で下痢になった場合は、下痢止め薬を飲んでも大丈夫です。

  • 冷えによる腹痛・下痢
  • 暴飲暴食による下痢
  • 消化不良

どんな薬が良いかというと、例えば「ビオフェルミン止瀉薬」です。

第2類医薬品で、生薬・乳酸菌を配合した下痢止め薬です。
効能は、

  • 下痢
  • 腹痛を伴う下痢
  • 消化不良による下痢
  • 下り腹
  • 軟便
  • 吐き下し

に効きます。
日常よく起こる下痢のほとんどが、治療に殺菌成分を必要としない「非感染性の単純性下痢」です。
生薬と乳酸菌がおだやかにはたらくビオフェルミン止瀉薬は、日常よく起こる下痢のセルフケアに適しています。

こうした薬は、傷んだ胃粘膜を保護して、腸の運動を助け、腸内フローラのバランスを整えて、腸を健康な状態に導くことで、下痢を止めるという効果があります。

そもそも、下痢にならない体質にするのが大切

下痢にならない体質

今まで紹介してきた下痢止め薬は、下痢になってから症状を止める対症療法としての薬です。
だから、しょっちゅうお腹がゆるくなる人は常に持ち歩くのが良いですが、そもそもの問題は「すぐにお腹がゆるくなってしまう」ことですよね。

例えば、精神的な原因からお腹がゆるくなる「過敏性腸症候群」は、いくら薬を飲んでも治らないケースが多いです。

下痢になった時に下痢を治すよりも、そもそも「下痢になりにくい体質」になることの方が、お腹がゆるくなる悩みを根本的に解決してくれるはずです。

じゃあ、お腹がゆるくならない体質になるために、どうすればいいのか?
一つの解決方法としては、このようなサプリメントを服用する方法があります。

下痢・軟便のお悩みを根本から改善する話題のサプリ!『黒梅日和』

この黒梅日和というサプリは、その場しのぎの下痢止めではなく、下痢になりにくい体質になるためのサプリメントです。

1日5粒を飲むだけで、体に負担をかけることなく自然にお腹がゆるくなりにくい体質に変えてくれます。
身体の内側をリフレッシュして正常化する紀州産梅肉エキス、沖縄産ガジュツ末(紫ウコン)、アロニアエキスを黄金比率で配合しています。

余計な添加物や人工的なものが入っていない健康食品なので、安心して飲むことができます。

【モニターの87%がその効果を実感!】下痢対策サプリ『黒梅日和』

まとめ

お腹がゆるいというのは、なった人にしか分からない悩みです。
大事な会議の前や緊張する場面になると、決まって腹痛になってお腹がゆるくなる。
ちょっと冷えただけで、すぐにお腹がぐるぐる鳴り出す。

そんな体質の人は、いつお腹がゆるくなるのかに怯えながらの生活になると思いますので、常に下痢止め薬を持ち歩くのがオススメです。

さらには、サプリメントを飲むことで下痢になりにくい体質に変えていくことが、悩みを根本的に解決する方法です。

スポンサーリンク
関連コンテンツ