ネイマールが移籍を決めた理由は?パリ・サンジェルマンに行く本当の理由とは?

ネイマール

いやー、ついにネイマールの移籍が実現しましたね。
スペインのバルセロナから、フランスリーグ・アンのパリ・サンジェルマンへの移籍です。
移籍金は過去最大なのかな?なんと、パリ・サンジェルマンからバルサへ支払われる契約解除金は、2億2200万ユーロ(約288億円)だそうです。

契約年数は5年で、年俸は約39億円!
バルセロナでの年俸が約20億円と言われていますので、倍近く年俸が跳ね上がります。
いやはや、天文学的な数字ですね。
メッシの年俸が約37億円ということらしいので、メッシと同等レベルの年俸になります。
ヨーロッパリーグのサッカー選手とすれば、CR7に次ぐ年俸になるのかな?

スポンサーリンク

ネイマールがパリ・サンジェルマンに移籍を決めた理由は?

パリ

しかし、寂しいですね。バルサ黄金のMSNトリオがこれで解散です。
正直、リーグのレベルとすればリーグ・アンは確実にスペイン・リーガエスパニョーラより落ちます。
スペインで強豪相手に切磋琢磨するほうが、ネイマールにとっていいんじゃないの?
と思ってしまいます。

実際、こんな反対意見もありました↓

「本当に難しい決断になると思うけれど、我々は全員理解しているんだ。彼にはみんな残留してもらいたいと思っている。それ以上、話せない。どんな場合でも、我々はどんな形でも理解している。彼も同じ気持ちでいてほしい。彼の選択肢は分かっている。ドレッシングルームでも重要な存在。家族の一員なんだ。我々は彼に残留してほしい」
同僚のラキティッチさん談
http://news.livedoor.com/article/detail/13402153/

「ネイマールがパリ・サンジェルマンに?バルセロナは世界で最も美しいゲームを作る。世界最高のチームだよ」と語った。
「うまくいけば、現在のトリデンテ(FWリオネル・メッシ、FWルイス・スアレス)は何年も一緒にプレーする。ネイマールはクラックだ。将来的に彼のチームになる」
先輩のエリック・アビダルさん談

ではなぜ、ネイマールはステップダウンとも言われるリーグ・アンに(それでも一流選手が集い、圧倒的な力を示しているのがパリ・サンジェルマンですが)、移籍を決めたのか?
私は2つの理由があると思います。

ネイマールが移籍を決めた理由その1【やっぱお金だよね〜】

年俸

サッカー選手の寿命は短いです。早い選手では30才でピークが来て引退する場合もあります。
20才ごろからサッカー選手として活躍しても、せいぜい10年〜15年しか選手寿命がないんですね。
その短い間に、プロとしてお金を稼がなくちゃいけないわけです。

ネイマールは世界最高レベルの選手だし、私達から見たら天文学的な年俸をもらっていますが、今よりも倍の年俸を提示されると、誰でもグラっときますよね。

しかも、パリ・サンジェルマンには仲良しのブラジル人、チアゴ・シウバがいますし。マルキーニョスもいます。
韋駄天のルーカスもいます。そうそう、ダニエウ・アウヴェスもユヴェントスからやってきます!
バルサよりもブラジル人仲間が多くて、年俸も倍で、花の都パリで。
もう移籍するしかないでしょ、て思います。

ネイマールはブラジル人です。日本人のような義理人情的なクラブ愛は、そんなに無いんじゃないかな。
カンテラ(下部組織)出身で、バルサに育てられたというなら、話は別ですが。

ネイマールが移籍を決めた理由その2【本気でバロンドールを狙うっしょ!】

バロンドール

ネイマールが世界最高レベルの選手だとしても、バルセロナにはその上に君臨する神がいます。
そう、メッシですね。
正直言って、バルサにいる限り、メッシを抜いて王様になることはありえないと思います。

ゴールを量産するというよりは、メッシへのアシストという役割を強いられるゲームも多いと思いますし。
ネイマールとすれば、いつまでもメッシの影に隠れているよりも、自分が王様になれるチームで、しかもCL(チャンピオンズリーグ)に出場できるレベルの高いチームで、圧倒的な実績を残してバロンドールを取りたいんじゃないか?

ネイマールの年齢は、25才です。
実は同じ25才でバロンドールを獲った、ブラジルの先輩がいるんですね。
そう、あのロナウジーニョ先輩です。

ロナウジーニョ

余談ですが、ロナウジーニョは私が好きなサッカー選手の五指に入ります。
ファンタジスタと呼ばれた華麗なプレーはもちろんのこと、あの

ロナウジーニョ先輩
ワイ、サッカー好きで好きでたまりませんねん!

という感じで、楽しそうにプレーする姿が最高でした。

その偉大な先輩は、25才でバロンドールを受賞しています。
ネイマールとすれば、

ネイマール
ええ、ロナウジーニョ先輩、ワイと同じ歳でバロンドール獲ってるやん!ヤバイで。ワイ、ブラジルの英雄になりたいねん!はよ、バロンドール獲らな!

という思いがあるんじゃないでしょうか。
でも今は、メッシとクリスティアーノ・ロナウドが代わる代わるバロンドールを獲っている状態。
ここに割って入りたい!
いや、おそらくは来季のバロンドールを本気で狙っているんじゃないかな、ネイマールは。

だから、メッシの影に隠れているままのバルサよりも、王様として君臨できるパリ・サンジェルマンに移籍を決めたんだろうと。

まとめ

さらばネイマール

ここまで、完全に私の私見で述べてきましたが、お金と名誉(バロンドール)。
今、この2つを完全に手にして、サッカー界に君臨しているのが2人の神、メッシとロナウドです。
ネイマールは、パリ・サンジェルマンへの移籍によって、この2人の神に取って代わろうとしているのか、3人目の神として君臨しようとしているのか。

個人的にはリーガでやって欲しかったというのはあります。でも、ネイマールほどの選手がリーガ内で移籍するとすれば、レアルかアトレティコしかないのかな。
そうなると、完全に第二のフィーゴで、将来に渡って裏切り者扱いをされるしね。

だから、パリ・サンジェルマンへの移籍は長い目で見て、ネイマールにとっては良い事なんじゃないかと思います。

今の立場に安住することなく、批判を覚悟で新天地へ挑戦するネイマール。
素直に男としてカッコいいです!

ちょっと可愛そうなのが、カバーニかな。王様のイブラヒモビッチ様がマンUに移籍したのに、また別の王様がやってくるんだから。

スポンサーリンク
関連コンテンツ