毛布と掛け布団の順番。どっちを上にするのが暖かい?

掛け布団

寒い季節がやってきましたね。
12月も半ばになろうかというのに、我が家は暖房を入れておりません。
あ、ホットカーペットだけはかろうじて入れていますが、暖房と呼べるのはそれだけ。

どんだけ寒さに強いんや!
と思う人もいるかもしれませんが、単なるやせ我慢とお金の節約です(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)

毛布と掛け布団、どっちを上にした方が暖かい?

さて、私はフローリングの上に布団を敷いて寝ています。
ベッドが欲しいのですが、単なるやせ我慢とお金の節約のため、ベッドを買っていません。

だから、布団をいかに暖かくするかが、私の命の存続に関わってくる、大変大きな問題なのです。
今までは、掛け布団の上に毛布を敷いて寝ていました。

小さい頃から、それが常識だったからです。
でもある時、掛け布団の上に毛布を敷く方が暖かいというのを聞きつけ、実践して見ました。

すると、効果は歴然!
掛け布団の上に毛布を重ねる方が、はるかに暖かいのです。

掛け布団は、安物でもいいから羽毛布団の方が暖かいですね。
羽毛布団の羽根は、接している体の体温で膨らんで、保温してくれます。

ところが、体と羽毛布団の間に毛布があると、体温が羽毛布団に伝わらずに、せっかくの羽毛布団の保温性能が発揮できないというわけです。

だから、掛け布団を下に、毛布を上にする方が断然暖かいんですね。
毛布の適度な重みが、羽毛布団と体の密着度を高めてくるんだと思いますし、羽毛布団の保温力を、毛布がとじ込めてくれるんだと思います。
まだやっていない人は、ぜひお試しあれ。

敷き布団も、暖かく寝るためには重要!

さて、前述の通り私はフローリングに布団をじかに敷いて寝ています。
これって、冬は結構辛いんです。

敷布団の上に毛布を重ねることで、体の上はポカポカになりますが、フローリングの冷たさが背中から伝わってきて、背中がスースーするんです。

だから色々と工夫して、今は敷布団を2枚重ねて敷いて、フローリングの冷たさから背中を守っています。

敷布団を2枚重ねるだけでも、全然違いますよ。
もちろん、ベッドに寝ている人はこんな苦労をしなくても良いのですが。

私のように、フローリングにじかに布団を敷いている人は、試して見てはどうでしょうか。

ちょっと話が脱線したような感じですが、掛け布団と毛布の重ね順は、掛け布団の上に毛布を敷くというのが、寒い冬に快適に眠れるコツということです。

※睡眠に関する関連記事もありますので、興味のある方は読んでくださいね。

熟睡できない原因は?快適な睡眠を妨げる7つの理由

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加