枕が臭いのは頭皮の汚れが原因?頭皮環境を整えて枕の臭いを抑えよう

枕が臭い

「お父さんの枕、臭い!」

そんなショックなことを家族から言われたことないですか?
30代を超えると、だんだん自分の枕が臭くなってきていることに、うすうす気づいている人もいると思います。

どうして、枕が臭くなるんでしょうか?

加齢臭が枕に移った?
いえ、実は枕が臭いのは、頭皮の汚れが主な原因です。
頭皮が汚れていることで、皮脂がたまり、臭いを発生してしまうのです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

頭皮の汚れが、なぜ臭さの原因になるの?

そもそも、なぜ頭皮が汚れていると臭くなるんでしょうか?
人間が発する臭いのもとは、大きく分けて次の3つになります。

  • 皮脂
  • 雑菌(常在菌)

実は、頭皮というのはこの3つの臭いの元が発生しやすいところです。
冬でも頭に汗をかきますし、そのせいで皮脂がたまり、雑菌が繁殖しやすいのです。
その雑菌が臭いのもとになるんですね。

つまり、頭皮が汚れていて皮脂が過剰に分泌されていると、雑菌が繁殖して臭くなるというわけです。

毎日シャンプーをしているのに、なぜ頭皮が汚れるの?

ではどうして、毎日シャンプーをしているのに、頭皮が汚れるんでしょうか?

それは、使っているシャンプーが頭皮に合っていない可能性があります。
普通のシャンプーでは、毛根に詰まった皮脂を綺麗に落とせません。

また、シリコン、光沢剤、合成着色料、酸化防止剤などの成分が入っていると、頭皮に余計な刺激と負担を与えてしまい、それが元で皮脂を過剰に分泌してしまうことがあります。

頭皮にはある程度の皮脂は必要なんです。
ところが、刺激の強いシャンプーを使うと、頭皮にダメージを与えてしまい、頭皮が傷んだり、乾燥したりします。

そうなると、傷んだ頭皮を守ろうとして、過剰に皮脂が分泌されてしまうわけですね。

常在菌は過剰に増えた皮脂をエサにするため、どんどん菌が繁殖してしまいます。
その常在菌の異常繁殖が、臭いの元になってしまうのです。

毎日シャンプーしているのに、頭皮が汚れると思っている人は、実は皮脂が過剰に分泌された状態になっているのですね。

頭皮の臭いを抑えるために、頭皮の皮脂バランスを整えよう!

頭皮には、皮脂はある程度は必要。
でも、刺激の強いシャンプーでは、頭皮をすっかり落としてしまうので、余計に皮脂が分泌されて、臭くなってしまうことが、お分かりになったでしょうか?

とすると、頭皮環境を適度なバランスで整えてくれるシャンプーを使うことで、頭皮の臭さを抑えることができるのです。

枕の臭さを解消してくれる人気のシャンプーとは?

老舗の床屋が開発して、人気担っているシャンプーが「M3040プレミアムスカルプシャンプー」です。

毎月数百人の髪の毛を見続けて、様々な悩みを聞いた上で開発したシャンプーで、頭皮環境をしっかり整えてくれ、頭皮の汚れを落として、臭いを抑えてくれます。

ノンシリコンで酸化防止剤などの人工的な成分は使っていません。
臭いを抑える柿タンニンが使われていて、乾燥した頭皮に潤いを与えてくれ、頭皮環境を整えてくれます。

公式サイトを見ると、このシャンプーに変えただけで、枕の臭さが解消されたという声があります。
頭皮の汚れをサッパリ落とし、しかも頭皮環境をしっかり整えてくれるシャンプーです。

公式サイトでは、たくさんの利用者の感想が掲載されているので、クチコミ情報を知りたい方は、公式サイトをご覧ください。


もうひとつのおすすめは、無添加オレンジシャンプーです。
オーガニック天然オレンジの力で毛根の汚れをしっかり落とし、頭皮のベタつきや臭いを抑えてくれます。

こちらも、天然成分を配合した無添加シャンプーで、頭皮の臭いを抑えてくれるシャンプーとして人気ですよ。


まとめ

枕が臭くならないようにするには、頭皮の汚れを落として、頭皮環境を整えることが大事です。

市販のシャンプーは、毛根に詰まった皮脂を落とせないものや、刺激が強すぎて頭皮環境が悪くなり、余計に頭皮が汚れてしまうものがありますので、注意が必要です。

毎日のシャンプーを、無添加で低刺激、しかも頭皮環境をしっかりとケアしてくれる物に変えるだけで、頭皮の臭いを抑えることが出来ますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加