過敏性腸症候群の治し方。つらい下痢や便秘を治そう

下痢イメージ

会社で重要な会議やプレゼンがあった時、お腹が痛くなって下痢になってしまった経験ないですか?
もしそんな経験があるなら、あなたは「過敏性腸症候群」かもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

過敏性腸症候群って?

過敏性腸症候群とは、ストレスや食生活の乱れなどから下痢や便秘、腹痛などになる症状を言います。
20代〜40代に多いということで、ストレスと密接な関わりがあると言われています。

これはおそらく、ストレスや緊張によって自律神経が変調をきたし、大腸や小腸での異常につながってしまうんでしょう。
他にも、最初に暴飲暴食のせいで下痢をしてしまったのがトラウマになって、長時間トイレのない場所に行くと、不安障害の一種として下痢をするようになってしまうこともあります。

過敏性腸症候群は、内視鏡検査やレントゲンを撮っても異常が見つからないケースが多いです。
一番大切なのは生活の乱れを治すことです。暴飲暴食を避けて、運動をしっかりするなど、ライフスタイルを改善することから始めないといけません。

私も、過敏性腸症候群に悩まされていました。緊張する場面になると決まってお腹が痛くなって・・・

何を隠そう、私も若い頃は過敏性腸症候群に悩まされていました。
不思議と40歳を超える頃にピタリと、この症状が治まってしまいましたが。(歳をとって図太くなったのが良かったのかも^^)

特に高校生の頃は授業になるとお腹が痛くなるのがしょっちゅうで、ずっと便意を我慢し続けている有様でした。

トイレ
社会人になっても、車通勤をしていると決まってお腹が痛くなるんです。
しかも、会社に近づくにつれてお腹が痛くなって、車の中で下痢の便意と戦いながら運転しているという感じでした。これって、めっちゃ危ないですよね。

自分の経験から、ストレスがかかる場面で下痢になったりすると、それがトラウマになって、同じ場面に遭遇するとまたお腹が痛くなってしまうという、メンタル的な影響が非常に強い症状だと思います。
パブロフの犬みたいなものでしょうか。

この過敏性腸症候群を治す方法って、なかなかないのが辛いところです。

過敏性腸症候群の治し方とは?

過敏性腸症候群を治すには、医者に診てもらうというのが近道です。(当たり前の話ですが)
医師から指導されるのは、まず「規則正しい食生活を運動」です。

三食を決まった時間に食べるとか、暴飲暴食を避けるとか、睡眠や休暇をしっかりとるとか。
過敏性腸症候群は、まずは自分の生活スタイルを改善することなしに、治すことが出来ないようですね。

それにプラスして、薬物療法があります。
乳酸菌を増やして、腸内環境(腸内フローラ)を整えるための「乳酸菌製剤」や、消化管運動改善剤、抗コリン薬などが処方されます。

この他にも、心療内科的な治療(カウンセリング)をする場合もあります。
過敏性腸症候群の治療はやっぱり、メンタルが鍵を握っているということですね。

ただ、医者に診てもらったからといって、すぐに治るようなものではないです。
過敏性腸症候群は、ゆっくりと時間をかけて治して行くというイメージですね。

でも・・・

「生活習慣に気をつけなさいとか、運動しなさいとかは、ある意味当たり前じゃん。でも、それができないから困っているんだ」

「医者に行っても特効薬がないんだったら、自宅で食事と運動に気をつけて、乳酸菌飲料を飲んでても、同じなんじゃない?」

と思う人も多いでしょう。
では、自宅で過敏性腸症候群を治す方法はあるんでしょうか?

自宅で過敏性腸症候群は治せる!?

自宅で過敏性腸症候群を治すには、やはり毎日の食事と運動は大切です。
それにプラスしてオススメなのが、サプリメントを使うという方法です。

例えば、黒梅日和というサプリメントがあるのですが、これは下痢を止めるための薬じゃなくて、下痢にならないように体質を改善してくれる健康補助食品です。
だから、お腹が弱い人でも安心して飲むことができます。


黒梅日和のコンセプトは、「悩みが起きてから止めるのではなく、そもそも起こさないようにすることが最も大切」という考え方です。

梅肉エキス、紫ウコン、アロニアエキスなどの成分が入っていて、体の内側から徐々に体質改善を行なって、下痢をしない体質に変えてくれます。
10年以上、過敏性腸症候群に悩まされた人が、このサプリメントを服用することで悩みがなくなったという人もいます。

自宅で過敏性腸症候群を治したいと思っている人は、試してみてはどうでしょうか。

【モニターの87%がその効果を実感!】下痢対策サプリ『黒梅日和』

焦りは禁物。過敏性腸症候群を治すのは時間がかかることを知ることが大事です。

先ほど紹介した黒梅日和を服用するにしても、すぐに効果があるわけじゃありません。
過敏性腸症候群を治すのは、時間がかかるものだと開き直って、あせらないことが大切です。
焦ってしまうと、それがかえってストレスに感じて症状が悪化するかもしれません。

体質改善ができてくると、

「あれ?今まで会議になると必ずお腹が痛くなっていたのに、今日は全然大丈夫だったぞ」

と思う瞬間が訪れます。
そうなるとしめたもの!

絶対お腹が痛くなると思っていたマイナスの記憶を、お腹が痛くならなかったというプラスの体験が上書きしてくれます。つまり、トラウマがなくなるということですね。
こうしてプラスの方向に記憶を上書きして行くと、自分に自信もついてくるし、過敏性腸症候群がいつの間にか治っていた!と嬉しい結果にもつながルと思いますよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加